アメリカ大学進学

【アメリカ大学進学】アメリカのリベラルアーツカレッジに合格した僕が実際行った勉強法を解説!

アメリカのリベラルアーツカレッジを受験してみたい!でも、どういった勉強をすればいいんだろう?受けないといけないテストはなに?

 

今回はこのような疑問にこたえていきます。

 

アメリカのリベラルアーツカレッジは、少人数制の精鋭学校です。

 

リベラルアーツ教育を根幹としていて、中でも「リトルアイビーリーグ」と呼ばれる学校集団は、合格難易度がアイビーリーグの学校に匹敵します。

 

入るのは簡単だけど、卒業は難しいと言われているアメリカの大学。

 

しかし、有名校となると日本人留学生にとっては入るのも難しいです。

 

僕は、日本の高校から現役でリトルアイビーリーグの大学に給付型奨学金付きで合格しました。

 

そんな僕が行った受験対策や、使った教材、塾などを教えます!

 

それでは、参りましょう!

アメリカ大学受験で必要なテスト

アメリカの大学を進学するにあたって、必要なテストの種類がいくつかあります。

 

英語の能力を図るテスト

Toefl iBT

または

IELTS

留学生は、どこの大学へ出願する際にも必須となります。

 

また、語学学校への入学にも、Toefl iBTのスコアは必須となります。

 

学力を図るテスト

SAT

または

ACT

アメリカの学生のセンター試験のようなものです。

 

SATでは一般的なものは、MathとReadingに分かれています。

 

これらのテストは通年日本の各地で行われています。

 

主に全国のインターナショナルスクールで行われています。

 

僕はSATとACT、両方二回受けました。

 

僕の場合は国際基督教大学や横浜インターナショナルスクールが受験会場でした。

 

Hide
海外大学に進学するにあたって、基本情報を身に付けたい方はこちらの本を読むことをおすすめします。日本からYale大学に進学した学生の経験談がわかりやすくまとめてあります。

 

 

 

英検は一級や準一級以外ほとんど考慮されない

僕は英検準一級を持っていましたが、あまりアピールポイントにはならないと思います。

 

英検一級などより、Toefl iBTで100点越えをすることの方が英語力のアピールになります。

 

Toefl iBT対策で行った事

Toefl iBT公式ブック

僕が初めて手をつけたのが、この公式対策本です。

 

大きめの本屋に行き、お店で購入しました。

 

まずはこの本の問題をこなしていき、自分の弱みや苦手分野を分析してみてください。

 

他の対策本にてをつけるのは、その後でも遅くはありません!

 

Hide
公式の対策本なので、内容が信頼できます!また、実際のテストに出題される問と似たような問題などが掲載されているので、対策本の模擬テストでいい点数をとると自信になります。

 

 

単語ブック

Toeflの単語対策として、こちらの単語帳を使いました。

 

Toeflでは難しい単語も多く出てくるため、単語は勉強しておいた方がいいです。

 

Hide
僕は通学時間など、隙間時間を使ってペラペラめくって眺めていました!

 

 

SAT対策で通った塾

トフルゼミナール

SAT対策で使った教材

SAT公式ブック

 

 

この記事のまとめ

今回の記事では、アメリカ大学受験で必要なテストの情報や、僕が実際に行った受験対策の勉強方法などを紹介していきました。

 

僕は、日本の国立大学受験勉強と並行してアメリカ大学受験を行っていましたが、かなり高3の時期はキツかったです。

 

自分の進むべき道がわかっている方は、どっちに絞った方が間違いなく効率化良い勉強ができると思います。

 

是非、僕の勉強法を参考にしてみてくだいい!

 

ちなみに!

 

Collgの公式twitterは@collg_teamです!

 

 

なにかアメリカ留学に関して質問したい方や、奨学金についての質問がある方は、是非なんなりとお申し付けください!

 

出来る限りみなさんに返信するようにしています!







- アメリカ大学進学
-, , , , , , ,

© 2021 Collg